受付状況:受付中
毎月更新!オリジナル記事納品数
924,871記事(前月末時点)

WITH TEAM 記事作成からのお知らせ

Information

【コラム】記事作成会社直伝!ChatGPT(AI)を使って上手に記事作成依頼をするコツ【オリジナル記事作成】

2023.04.04

平素より大変お世話になっております。WITH TEAM記事作成でございます。

本日は、弊社へのご依頼時によくご相談をいただく、
【お客様ご自身が求める記事をなるべく正確に発注する方法】
のコツを、お知らせいたします。

今回は、効率化をより求めるために
話題のAI『ChatGPT』を使用した方法になります。
ぜひ、方法の1つとしてご参考にしていただけますと幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ChatGPT(チャットGPT)の基礎知識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一回コラムにて、ChatGPTとはどういうものか、

また実際に弊社が使ってみた感想をご紹介しておりますので、

「ChatGPTってそもそも何?」というお客様は、ぜひこちらからお読みくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★記事を要望通り外注するためには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一回コラムでも触れておりますが、
記事を作成するにおいて、弊社が重要視しているのは「アウトライン(見出し)」です。

キーワードの選定も、SEO対策としてはとても重要なことですが、
昨今では単にキーワードが文章内に入っていればいいというわけにもいかず、
読者にとって有益な記事である必要性が高まっています。

「●●というキーワードで100記事書いてほしい」
というおおまかなご依頼でも、当然作成は可能でございますが、
内容については、比較的さらっとしたものになってしまう可能性が高くなります。

それにひきかえ、しっかりとした見出しが設定されていると、
ライターはこの表題でどういう情報を調べればいいのか、見出しに対する回答を明確にするには、
読者に伝えるにはどうすればいいのか、等一段回深いところまで考えることが出来ます。

「とりあえず記事数がほしい!内容は二の次!」というお客様は、
ざっくりとしたテーマやキーワードのみでのご依頼でも全く問題はございませんが、
内容にもこだわりたい、書いてほしいことや読者像が明確であるというお客様は、
ぜひ見出しの設定に重きをおいてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★見出しは重要だけど作成に時間がかかる…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見出しの重要性は、アフィリエイトやコンテンツマーケティングを
やっていらっしゃるお客様方であれば、十分にご理解いただいていると思います。

重要視されているからこそ、作成に時間がかかりますよね。
弊社も、「見出し作成からしてくれますか?」というお問い合わせを大変多くいただきます。

もちろん、弊社ライターも見出し作成が可能です。(追加料金なしで行っています。)
ですが、それはあくまでお客様からいただいたテーマやキーワード、
掲載サイトの内容等を拝見の上、「こういう内容だったらいいかな?」とした内容です。
当然、ご満足いただける記事になるよう最大限努めて作成いたしますが、
どうしても、お客様ご自身が、ご自身のサイトのため、集客のため、読者様のためにお考えになった見出しには
敵わないこともございます。

そのため、弊社としてはこだわりを持たれているお客様にこそ、
見出しのご提供をお願いさせていただいている次第です。

ですが、「見出し作成の時間がどうしてもとれない」というお客様も
大変多くいらっしゃいます。
当然、こだわりを強く持てば持つほど、一から考えて何記事分も作成するのは多大に時間がかかることでしょう。

そういうときに、ChatGPTを使用して
「たたき台」を出してもらうと、大変効率が上がるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ChatCPTに見出しのたたき台を作ってもらおう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一回コラムにて、
「Qアフィリエイトについて、1000文字で記事を書きたいから、見出し案を出して」
という質問をして、見出しを作成してもらいました。
内容はぜひそちらをご確認ください。

今回は、弊社WITH TEAMが行っている「文字起こし」についても見出しを作ってもらいました。

あえて、文字数などは伝えず、「キーワードを使って」という形で質問しています。

Q.文字起こし、というキーワードを使って見出しを作ってください


>A.以下は「文字起こし」というキーワードを使った見出し案です:

>文字起こしとは?:書き起こすことの意義や役割について
>文字起こしの種類:音声からの文字起こし、動画からの文字起こしなど
>文字起こしの必要性:法的な目的や取材、企業活動などでの利用
>文字起こしの手順:具体的な方法やツールの紹介
>文字起こしの業界動向:最新のトレンドや技術革新について
>文字起こしの精度向上:正確な文字起こしを行うための方法や技術
>文字起こしの活用法:ビジネスでの活用例や日常生活での活用方法など
>文字起こしの収益化:文字起こしを行って収益を得る方法やビジネスモデルについて
>文字起こしの課題と解決策:文字起こしの問題点や解決方法について考える
>文字起こしの将来性:AI技術の発展や需要の高まりなど、今後の見通しについて
>これらの見出しを元に、文字起こしに関する詳しい記事を書くことができます。
>文字起こしは、音声や動画を文字に変換することで、法的な目的や取材、企業活動などで利用されることがあります。
>また、ビジネスでも利用されることがあり、文字起こしを行って収益を得ることもできます。
>本記事では、文字起こしの種類や手順、精度向上方法、活用法、課題解決策、将来性などについて解説していきます。
引用:https://openai.com/

「キーワード」という言葉でも、正しく認識をして見出し案を出してくれました。
特に文字数や見出し数の指定はしませんでしたが、10個出されましたので
ボリューム的には十分でしょう。

やはりこちらも、すべてを丸々使用できるかというとそうではないため、
これをベースにして、ご自身の書きたい内容やサイトに併せて手直しをする必要があります。

ですが、10個もたたき台があるのであれば、
ある程度の方向性も決まっていますし、理想の見出しを作成するのにそこまでの時間はかからないのではないでしょうか。

ここの作成時間が短縮されるだけで、記事完成もスピーディーに進めることができます。
どうしてもたたき台や案出しに時間がかかる…という方は、こういった一部分だけでもAIに手伝ってもらうと
とても効率よく進めることが出来ますよ。

見出しやアウトラインをスムーズに作成できましたら、
本文作成はぜひ弊社へ外注化していただき、さらにスピードアップ・効率化をしていただけますと幸いです。

お問い合わせ・ご依頼はコチラから!

お気軽にお問い合わせください

お申込み・お問い合わせ